トップ

編集

求人を出している企業の本音

ほとんどの企業は人をすぐにでも採用したいと思っています。欠員募集や事業拡大による増員では人の確保がとても大切だからです。しかし、中には良い人材がいれば採用したいというものもあります。すぐにでも雇いたい訳ではなく、とても厳しい条件をつけていたり、ずっと募集をし続けているようなものがこれらのものに該当します。表面的には求人募集となりますが、企業は切羽つまっていませんし、良い人材がいなければ採用はしないので、多くの労働者にとっては応募できなかったり、応募しても意味のないものになります。真の目的をしっかりと見極めて、無駄に求人に応募しないことも効率的な転職活動には大切です。

より良い企業の選び方

より良い企業を選びたいなら、まずは待遇の良いところをチェックするべきです。求人内容の休日や給与、就業時間等を見て、条件の良いところを絞り込みましょう。給与は残業代が含まれていたり、手当てが含まれている場合もあるので内容を詳しくチェックしてから判断することが大切です。また、あまりにも好条件なものは虚偽申告している場合もあるので慎重に吟味する必要があります。事業内容に強みがあるかどうかも大切です。独自の強みがあれば競争にさらされにくくなり、楽に儲けやすくなるからです。求人している企業の中でも独特な事業をしているところは有望だと考えても良いでしょう。

↑PAGE TOP